Entropay・エントロペイ

テクの発展をきっかけにしてエントロペイは2003年に設立され、世界中の人々にオンラインで支払い方法を提供します。 Facebook、Gmail、YouTubeはまだ存在しなかったお誂え向きの期間。しかし、エキサイティングなものであり、 同年、公式ウェビによるとヨーロッパで最初の仮想Visaカードを発売されました。880万枚のカードを発行し、15年後には、前例のない不正行為システムを作りながら、急速に成長しています。一か八かのグローバルゲーム業界にニッチを刻みました。 しかし、みんなのために、速いスピードで24/7時間客さんの悩みを答えするプローチームとしてココロの隙間を埋めるとゆう能力を得ます。とはいえ、ただ目の前に提供してくれられた事実を納得すべきことです。それで今度オンカジをプレイしようとつもりがある人がいればなんでエントロペイを選択すべきオプションなのか以下に先に行きましょう。

エントロペイとはいったい

テク業の最高傑作を基づくセキュリティーシステム。エントロペイ「誰より早い!」の標語をもとに作り上げられたサービスとしてまさに誰より早いトランザクションとゆう行動を移す約束します。SEPAの銀行振込より2880x早い、120国にて使い捨てエントロペイのカード提供している会社は確実に身分の高いを手に入れた組織なんです。名前とメールだけで誰にでも送金可能です。いったいどのぐらいかかるのが気になった人がいるに対して答えはたった一つ。即座に。そのとおりです。上記の標語はまさに文字通りの意味をすることです。「なるほど」と脳裏に思考がひらめき走ります。「でもどこで使えるか」の疑問に対する答えはまた、たった一つです。120国以上主にヨーロッパ連合のに使える可能です。

ブランド
評価
ボーナス
遊ぼう
ユニークカジノ logo
ユニークカジノ

100% 最高$200ボーナス

カジ旅 logo
カジ旅

100最高$400ボーナス+200フリーピン

ベラジョンカジノ logo
ベラジョンカジノ

100% 最高$500ボーナス

ロイヤルパンダ logo
ロイヤルパンダ

100% 最高¥15,000ボーナス

ワンダーリーノ logo
ワンダーリーノ

200%% 最高$200ボーナス

信頼度

正直の頭に神宿るとゆうことわざがあります。この文脈ではお金のことならエントロペイに任せると意味するでしょう。完璧なものだけが受け入れられると信じています。 詐欺の検出と勘定のセキュリティについて、最高の業界標準を設定することがエントロペイの使命です。ユーザーのデータと金銭を安全に保つため、24時間365日守っています。それは非常に素晴らしい役目です。無念無想の境地をもとに守護者として守ってるのかどうか100%確実できないに違いません。しかし、一流コンプライアンスプログラムいわゆる即応のソフトを使い、ネットトラフィックはすべて、TLS 1.2(Transport Layer Security)を経由します。デリケートなデータもすべてAES-256キーに守られています。提供しているカードの通貨がUSD、GBP、EURで使えます。

値付け

ここまで暖簾に腕押しにならないように値段付けを調べる移すべき行動です。3つの通貨の中でGBPだとにしましょう。まず、無料のところを始めます。登録も無料であり、オンライン使うこともできます。送金なども無料です。自分のカードから送金する場合1%手数料があり、高くなるとゆう可能性があります。受け取るのがも無料です。引き出すのが1、50GBPから7,99マクス手数料が課さられます。尚、もとよりほかの通貨でも同じようです。例を挙げれば引き出す手数料はただ2,99$から14,99までです。それではメ・デリットを調べましょう。

エントロペイを使うメリット・デメリット

各サービスにかかわらず功罪があります。エントロペイの場合は4つがあります。

  • ビジネス購入とキャッシュフローを管理します。 複数の仮想プリペイドマスターカードを1つの企業アカウントで作成、トップアップ、または削除できること。
  • 「人間不正が上等でございます」というアニセリフがエントロペイにピッタリ
  • 締め切りを克服するために即時支払いを行う必死に必要です。 MasterCardの力に裏打ちされ、世界90カ国以上で受け入れられています。
  • 自らのポケットで稼ぐお金の多くを貯めること。- 銀行手数料に別れを言いなさいこと。 利息なし、限度額超過、最低金額制限および返済返済遅延こと。
  • ギャンブルに関する決済方法として最高です
  • 日本では使えること

とはいえ、いいことばかりわけではありません。ネットに調べたところ、ネガチブなレビューがあり、主に英語で書いてあります。不満のなかで一部が例として挙げれば次の通りです:
高すぎ手数料:これはEntropayに関する多くの否定的なレビューの第1の理由です。 フライト予約のために65GBPを送金したユーザーは、すべての手数料を払ってアカウントに52GBPしか持たなかった事件。 客さんが転送したい場合、他人により多くのお金を失うことになってしまいました。 他のユーザーは、仮想カードに課金される料金は、実際のクレジットカードに課金される料金とほぼ同じであることを指摘しています。 何か陰謀を購入する必要がない限り、本当のクレジットカードよりもEntropayを好む本当の理由はないと書いていたレビューでした。それを含むとデメリットとして強い。

不信用:Entropayの仕組みは、ユースケースに反して直感的に機能します。 たとえば、Entropayを使用して航空券を購入することができます。 これらは、適切なタイミングで適切な処理を行う必要があるトランザクションです。 しかし、Entropayでは、客さんの口座にクレジットを払うまでにかかる時間はかなり不確実です。 一人のユーザーは、自分の銀行口座から振り込んだ資金がEntropay口座に入金されたことはないと書いています。 別のユーザーは、彼らが作った預金は10日以上には反映されていないと書いています。 この不一致は本当に顧客にストレスを与える可能性があり、Entropayが間違いなく改善する必要があるでしょう。

蒔かぬ種は生えぬ。まさにそのとおりです。つまりエントロペイはなにか裏がないでなかったとしたら元々そういう上記のようにレビューなんて載せられるはずがないと私見です。しかししながら本を正す必要がありません。結局読み者に任せます。

最後に

まとめ上げたら追加的な情報を含む以外は必要なものがありません。どうしてかというと結局読み者の次第だということです。両面を徹底に調べた時に意見を出すとなる第一歩の信さ。僻みがない意見であることは何よりです。それでは、日本人の皆さん、是非自分の手と目で確かめてください。


コメントできません。

トップに戻る ↑