ブラックジャックゲーム

世界中で人気があるブラックジャックゲーム。起源が不明ですが18世紀にフランスのカジノに生まれたと思われ、元名Vingt-et-Unです。文字通り翻訳したら「21」という意味します。フランスから有名さが広がれ、数十年後で1931年に米国国会が賭博の合法化を執行され、その時点にブラック・ジャックも実店舗のカジノに入り込んだと思われます。生まれてから現在にわたり、ブラックジャックは進化しています。その結果、現在のゲームはいくつかバリエーションが存在あり、インタネットのため、家からプレイーすることになった時代です。それでは始めましょうか。

目標とカードの重み付け

ライブカジノのブラックジャックブラックジャックの目標とは主に21数字のほうが近づけた人の勝ちです。その目標の中で勝つための方法の一つはディーラーがプレイヤーに21を超えさせられることです。それと同時にディーラの手札もより高い合計をしないようにプレイヤーが頑張っています。この方法の名はバストとゆう。理由はプレイヤーが21以上を超えた場合は負けるからです。ゲームは1デックそれとも数デックでプレイーことができます。カードの重み付けは2〜10文字通りで、キング・クィン・ジャックは10点として数えられ、エースは状況によって1あるいは11としてカウントする可能です。それはソフト・ハンドと呼びます。つまり、2枚のカードの中でエースだったら3枚目のカードを足してもバストされません。反対にエースでなければハード・ハンドという(悪い手)。一番狙う目標はナチュラル・ブラックジャックとゆう、最初的にもらった2枚のカードは合計がちょうど21だということです。更にナチュラルの配当率は3:2ですから、10$ドルを賭けて勝ったら15ドルをもらいます。イープンマネーベットだったら1:1です。

ブランド
評価
ボーナス
遊ぼう
ユニークカジノ logo
ユニークカジノ

100% 最高$200ボーナス

カジ旅 logo
カジ旅

100最高$400ボーナス+200フリーピン

チェリーカジノ logo
チェリーカジノ

100% 最高$500ボーナス

ロイヤルパンダ logo
ロイヤルパンダ

100% 最高¥15,000ボーナス

ベラジョンカジノ logo
ベラジョンカジノ

100% 最高$500ボーナス

ベット行動

オンラインカジノてプレイー方法国々とカジノによってルールが異なります。次の一般的な選択技からプレイヤーが選べます。

ヒット

しぐさでもう一枚のカードを頼む行動。手持ちのカードの合計によってプレイヤーがまた同じそれとも別の行動を選べ、バストの場合は負けです。

スタンド

しぐさでカードがいらない行動です。

ダブル・ダウン

この場合は、ベット2倍にするともう一枚をもらう行動です。つまり、9と10それとも11を持ってるプレイヤーはもう一枚をもらいます。そうなると今の合計にもかかわらずプレイヤーはスタンドの行動するしかありません。この行動は最初的にだけで許可されています。もとより決められたルールによって異なります。

スプリット

2枚を持ってるカードは同じ数字だったら分割ことができる行動です。こうして、元ベット分と同じまた賭け、2枚のカードをわけ、2枚の追加的なカードをもらいます。

サレンダ「降伏」

賭けたチップが半分を取り返せる行動です。このルールもカジノによってルールが異なります。

オッズ(確率論)とハウスエッジ

リアルキャッシュのためオンラインカジノをプレイーしようオッズとは勝算を示す方法で結構使われています。状況や数デックや変数とカジノ等々によって異なりますがブラックジャックのオッズは大体一番いいオッズがあります。勝つためにオッズとハウスエッジを変わるべき行動です。プレイヤーがこの変数でゲームに影響を与えられるの方法を理解したらプレイヤーが少し有利が得ます。そこでハウスエッジとゆうもあります。ハウスエッジとはカジノ側が利益として得る割合のことです。つまり、どのようなストラテジーを使ってもカジノが常に有利なのです。ブラックジャックのハウスエッジではまた色々な変数によって変わりますので大体0,5%から3-4%までも可能になります。前述のどおり数デックやゲームの種類等々、影響を与えられます。

ベーシック・ストラテジー

勝算があるという状況になるためにギャンブラーたちがベーシック・ストラテジーという方法を発見し、使われています。自分に配られたカードと、ディーラーの見えているカードを見比べ、チャートも観ます。それによってゲームの流れが変わり、進みます。以下の方はチャートです。

Player’s hand Dealer’s up-card
2 3 4 5 6 7 8 9 T Ace
Hard hand totals
5 H H H H H H H H H H
6 H H H H H H H H H H
7 H H H H H H H H H H
8 H H H H H H H H H H
9 H D D D D H H H H H
10 D D D D D D D D H H
11 D D D D D D D D D H
12 H H S S S H H H H H
13 S S S S S H H H H H
14 S S S S S H H H H H
15 S S S S S H H H H H
16 S S S S S H H H H H
17 S S S S S S S S S S
Soft hand totals
A-2 H H H D D H H H H H
A-3 H H H D D H H H H H
A-4 H H D D D H H H H H
A-5 H H D D D H H H H H
A-6 H D D D D H H H H H
A-7 S D/S D/S D/S D/S S S H H H
A-8 S S S S S S S S S S
A-9 S S S S S S S S S S
Pairs
2-2 SP/H SP/H SP SP SP SP H H H H
3-3 SP/H SP/H SP SP SP SP H H H H
4-4 H H H SP/H SP/H H H H H H
5-5 D D D D D D D D H H
6-6 SP/H SP SP SP SP H H H H H
7-7 SP SP SP SP SP SP H H H H
8-8 SP SP SP SP SP SP SP SP SP SP
9-9 SP SP SP SP SP S SP SP S S
10-10 S S S S S S S S S S
Ace-Ace SP SP SP SP SP SP SP SP SP SP

Legend:

H – Hit
S – Stand
D – Double down (Hit, if not allowed)
SP – Split
D/S – Double down (Stand, if not allowed)
SP/H – Split if Double Down After Split is allowed (Hit, if not allowed)

もとより100%とゆう勝率になるのはあり得ませんので注意を。では使い方を解説します。縦のところはプレイヤーの手札です。横はディーラーの見せ札です。ゲームの流れによってプレイヤーが進みます。様々なチャートがある上に異なるところもありますがそのまま使っても問題がありません。ベーシック・ストラテジーのマスターになったらハウスエッジが0,5%となります。非常に有利なんですけれどもいかなるゲームの中で変数の「運」がありますので神様に任せるしかありません。

カードカウンティング

簡単に言うと次のカードを先読みとゆうシステムです。魔法と関係ないはもとよりそんなに難しいところもありません。基本的に脳を使うのが違反ではありません。しかし、カジノの持ち主はそれを見抜き、決してプレーヤーに勝てさせません。とはいえ、カウンティングシステムがまだ使い価値があり、一番人気がある方法として扱われています。

ハイロー「Hi-Lo」システム

ハイローシステムとは、ポイントカウンティングとも呼ばれ、カードの数値によってそのポイントをマイナス1(-1)、プラス1(+1)、ゼロ(0)と記憶し、合計していきます。

ハイオプトシステム

このハイオプトⅠシステムとは、配られたカードの数値を、数値に置き換え、カウントしていきます。カウントからエースを排除することで、システムをさらに合理的に機能させるように作成されています。

KO 「クノック・アウト」システム

先のシステムと似ていますがデックによって使い方が異なります。カードの数字ポジチブになればなるほどもっと賭けるシステムです。

他の必勝法

有利的な技術としてはシャッフルトラキングとゆう方法であり、ブラックジャックを使わている6−8デックのゲームに対して使われます。ディーラーはカードをシャッフルごとにしますが100%きちんとやっていない可能性があります。それはディーラーのミスを見破いたプレイヤーが気づき、勝負します。

最後

ゲームは非常に面白いです。カジノの世界の中で一番低いハウスエッジがあり、勝ちたかったら必勝法あるいはストラテジーが必要だとわかってくれたら幸いです。ベーシック・ストラテジーを使い、頭に入れたのが万全を期すべきです。お金を勝って稼ぎながらゆっくり楽しんでください!ブラックジャックの世界へ!


コメントできません。

トップに戻る ↑