麻雀

中国における誕生された認知度が高いゲーム。せめて一度プレイーしてみたことがある日本人が麻雀の名前を耳するといい思い出が浮かぶとゆう社交的な癖があります。一度もプレイーしてないことがある派の人なら別の道を歩き行きましょう。ちょうどいい今、紹介する麻雀は初心者にむけガイドを書き切りました。このガイドには見つけられる情報が歴史をはじめゲームの流れの上に「必勝法」とリーチ麻雀など役に立つを目的知識までもを提供しています。難しいところありませんがなれる時間すこしかかりそうかもしれません。それでは皆さん、麻雀の世界へ!

ゲーム概要と流れ

リアルキャッシュのため麻雀をプレイー方法麻雀を始める前に特定の要請酵素があり、いかなるゲームのように最後まで楽しい時間を過ごせるためにせめて基本のルールと流れが理解すべきです。まず、プレイーするのができるために4人が必要とされます。プレイーをする駒が麻雀牌と呼び、2種類に分かられています。数牌と字牌のをカテゴリーとして含まれている駒は数牌の中で萬子、筒子、索子だと呼びます。字牌の中では風牌と三元牌と呼びます。追加的に花牌も存在している駒が特に日本版の麻雀に使われていなので除きます。プレイヤーは目指しているゴールが完成形の14枚を集めるように遊びます。一番完全させた人の勝ちとなり、「あがり」とも呼びます。あがりの形には4面子(メンツ)プラス1雀頭(ジャントウ)の形に加え役(ヤク)が揃えたらあなたの勝ちです。面子(メンツ)とは3枚1組か4枚1組でワンセットとする牌の組み合わせです。「チー・ポン・カン」に分けられ、他人が捨てた牌をもらい面子作ることです。鳴いた面子は他人にも見えるように場に晒さなければならないルールもあります。一度鳴いて作った面子は確定面子となり、捨てることができないのは注意点ください。

ブランド
評価
ボーナス
遊ぼう
ユニークカジノ logo
ユニークカジノ

100% 最高$200ボーナス

カジ旅 logo
カジ旅

100最高$400ボーナス+200フリーピン

チェリーカジノ logo
チェリーカジノ

100% 最高$500ボーナス

ロイヤルパンダ logo
ロイヤルパンダ

100% 最高¥15,000ボーナス

ベラジョンカジノ logo
ベラジョンカジノ

100% 最高$500ボーナス

それでは「チー」の方から説明しましょう。「チー」とは明順子を作るための鳴きです。鳴いたら「チー」とみんなに聞こえるように発音しなければなりません。いらない牌を捨て、このようにして右側の麻雀卓のカドまで滑らせます。これで「チー」の完了です。次に「ポン」について解決しましょう。「ポン」とは明刻子を作るための鳴きです。「チー」とは違い、誰からでも鳴くことができます。駒をもらうつもりだったら一番左の牌を横に向けます。対面から鳴いた場合は、真ん中の牌を横に向けます。右側からもらったら一番右の牌を横に向けます。これは、どこから鳴いたかを明確にするために必要なことですから、必ず守ってくださいね。ではポンとはなんでしょう。ポンとは自分が同じ牌2枚を持っている時に、誰かが捨てた3枚目を「没収」することです。尚、カンとは自分で3枚持っている時に、誰かが捨てた4枚目の牌を拾って1グループにしてしまう。あるいは自分でさらに1枚加えて1グループにすることです。シェンツとは「2-3-4」、「4-5-6」、「7-8-9」、等々3つ続きの数牌を集めることです。これで1つのグループとして完全でありながら「8-9-1」の場合、シェンツになるとは無理です。どうしてかというと、数字同士で1つのグループを作ることが完全に無理です。初心者にとってわかりにくい形に見なすかもしれませんがしっかりガイドを読んで覚えておいてください。また、注意してほしいのは字牌ではありえない話です。トン・ナン・シャーや ハク・ハツ・チュンとかこれは順子としては認められる不可能です。「トン・ナン・シャー・ペー」のような語彙が頭に浮かぶといけそうな側面や認められそうな感じが出てくるかもしれませんがもう一度言いますが無理です。

もう一のグループは刻子(コーツ)と呼ばれ、先と同じように同じ牌を集めることです。麻雀の「あがり」いわゆる完成の形には「3枚1グループ」の組み合わせが「4つ」あります。順子でも刻子でも、どちらでも可能です。尚、雀頭(ジャントウ)と呼ばれる組み合わせも存在されます。「あたま」とも呼び方があり、あがりになる必要ものです。いえ、言い方を変えればまさに不可欠です。どのような形というと数字の牌でも漢字の牌でもどちらでもいいから、とにかく同じ牌2枚が非常に必要「あたま」です。次の紹介する麻雀の一面が「役」と呼ばれ、ポーカーのように難しい形によって点数が変わります。難しいければ難しいほど点数が高くなります。反にそうでなければあがっても低くなる点数をもらいます。麻雀の役もそういったことに似ています。しかし、麻雀は役の難しいさを競うゲームではありません。麻雀には需要なポイントが誰が一番早く「あがり」を完全させるのか最も大事な目標です。「役」の数字を表すことがファンあるいはハンと呼ばれ、「翻」という漢字が使われています。

麻雀では「役」の難易度を表す指標として「翻(ファン/ハン)」と呼ばれる単位を使う。「麻雀は1ハンの役がないとあがれない」と基本なルールがあり、つまり役がないとあがることは不可能です。さらに、「リーチ」と用語集のなかで存在があり、簡単に説明すると一歩手前の状態になった時にほかの相手に宣言されることです。そいえば麻雀は結構ルールや機微があるからここまでにしましょう。

ストラテジー・作戦・必勝法

オンラインカジノ必勝法まず、この題に入る前に伝えたいことがあります。「スキルのゲーム」だとゆう用語があり、各ゲームの中でチャンスより自分自身の力で勝負を意味にします。ポーカーと同じ、ブリッジ等々麻雀も含まれています。言いたいことは上記の知識の基づき、必勝法などが存在あるかどうかプレイヤーの次第です。冷静に考えればチャンスが少なくとも勝率を変わるのが可能です。それはどのようなふうにやるのがゲームの知識によっておよび身のはらが変わっています。100%勝率の方に傾くのがありえないが自分の手で勝てるゲームなんです。とはいえ、やはりストラテギーのようなことが存在するはずでしょう。確かにググったらメソードは多いが出ると思いますがすこし別のアプローチを紹介します。たとえ、心理的な攻撃を打つことも存在します。言語行動および目の視線やじぐさなどによって勝負が決められています。敵として扱い、楽ししながら叩き潰す認識してプレイします。もとより言い方がすこしづらいが真面目にプレイーするのが不必要です。ただ、本当に勝ちたいならそういう真面目さの一部が手に入れ頭に入らせて使うすべきです。

控除率・還元率

日本カジノゲームギャンブル世界に控除率いわゆるハウスエッジが各ベットからとられる手数料を示す割合だと意味にします。それで真実を知りたい人が覚悟しておきたほうがいいです。実際にそういう控除率のようなことは麻雀界の中で存在していません。控除率の概念を当て嵌めてみたら場代+負けた人の支払いの合計を100%とした時の場代の百分率ですが、これは当然局ごとに変化します。何万局と統計をとれば平均は出せるでしょうが、それに加えてメンツやルールごとにさらに変化します。結局のところ、一概に計算方法を指定するのは不可能だ、ということです。もとよりギャンブル法案を成立した見込みの一面も関わり、不変の理も存在しません。

最後に

麻雀は龍かのように空に飛び回してる魔獣の背景。恵み深いことであり、一見と心を動かすことができます。好奇心を持ち人が気に入った瞬間ハマる道を歩きに行くしかありません。まーもとより例外もあります。要するにハマりやすいといってもそうになってしまう状態わけではありません。ですからこそ、今回あるいはまたプレイーする場合、心を開きながら自らの思考を考察すればよいでしょう。皆さん、麻雀の世界へ!


コメントできません。

トップに戻る ↑